高崎市の美容室(美容院) | 今日の彼女の髪は魔法的

お知らせ

2018-06-01 09:42:00

みなさんこんにちは森永です。

 

本日はシャンプーについてお話をしていきます。

 

自分に合ったシャンプーを今使われていますか?

 

と聞くとほとんどの方がわからない、多分、などとと言った答えが多いかと思います。

 

本日はせめて自分に合うシャンプーの種類は何かなとわかっていただけるように解説していきます。

 

市販のシャンプー売り場に行くとたくさんのシャンプーがズラーッとありますが

 

シャンプーの成分を種類分けすると

 

なんとったった3種類しかないんですよ!!

 

1.アミノ酸系シャンプー

2.高級アルコール系シャンプー

3.石鹸系シャンプー

 

はいっ!ってことはまずはこの3種類の中から自分に合ったものを使うことがとても大切だと思います。

 

 

 

【アミノ酸系シャンプー】

 

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分である界面活性剤の成分にアミノ酸を使用している種類のシャンプー。

アミノ酸は人体を構成しているタンパク質の主成分で、髪や頭皮によく馴染むので頭皮に優しいのが特徴。

アミノ酸系の界面活性剤は複数あるのですが、「グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン」といった成分が配合されています。

ただし、成分原価が高いためにシャンプーの値段が高いものが多いのと、アミノ酸シャンプーは頭皮のかゆみが出る方もいます。

 

 

 

【高級アルコール系シャンプー】

 

現在販売されているシャンプーの多くが高級アルコール系と呼ばれる種類のシャンプーです。

石油由来の界面活性剤を使用していることが多く、強い洗浄力が特徴。

脂性肌の方や整髪料をたくさん使う方にはおすすめですが、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうことがあるので注意も必要です。

(ラウリル硫酸Na,ラウロイル硫酸)といった成分が配合されています

通常、頭皮には適度な皮脂があり、バリアとして紫外線などから守ってくれているので、皮脂の量が普通な方や少なめの方にはあまりおすすめできません。

 

【石鹸系シャンプー】

 

石鹸系は天然由来の成分で作られていることから、敏感肌やアレルギー体質の方におすすめの比較的安全性が高いシャンプー。

日本では昔からよく使用されている種類のシャンプーですね。

洗浄力や価格は申し分ないのですが、石鹸はアルカリ性なので弱酸性の頭皮をキシキシさせたり、ごわついたりと使い心地の好みが分かれます。成分は(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)と表記されています。

 

 

※上記のシャンプー成分をボトルに表記されているので必ず確認されてみてください。

表記は上から順番に記されていてだいたい2番目か3番目に表記されています。

 

 

以上がシャンプーの特徴になりますので是非みなさんご参考にしてくださいね☆

僕的には、ダメージがきになる方はアミノ酸系シャンプー。敏感肌の方は石鹸系シャンプー。脂性肌の方は高級アルコール系シャンプー。

となりますね。

 

どれを一番優先したいかによってお選びください。

 

では良き美容ライフを!!

 

 高崎市の美容室 | 今日の彼女の髪は魔法的